事業概要

Ⅰ.事業の種類  

  当社は、「新製品・新サービスのアイデア開発」をコアの事業領域として、以下のような事業を行います。

1.新製品・新サービスのアイデア開発法の研究
  (1) 当社は、短期・中期的には、企業にとっての利便性の観点から次のような特性を備えた「アイデア開発法」
      の考案(=新たな方法・手法の考案)と深堀り(=既存の方法・手法の深堀り)を目指して、日々研究に
      励んで参ります。
       ○ 特に中堅・中小企業が、少ない負荷で、簡単・効率的に、多数のアイデアを開発できること
       ○ 企業が業種・業態や製品・技術・サービス等の枠を超えて、普遍的に活用できること
       ○ 個人が、趣味としての新商品・新サービスのアイデア発想法を楽しく学べること
  (2) 長期的には、アイデア発想にありがちな曖昧さや抽象性をできるだけ排除して、他に類を見ない、言わば合
      理的・科学的なアイデア開発法を探求して参ります。
  (3) なお、当社のアイデア開発法は独自に考案したもので、様々な点で従来のアイデア開発法とは異なっており
      ます。詳しくは、下記Ⅱの「当社のアイデア開発法の特徴」をご参照ください。
  
2.企業(特に中堅・中小企業)への直接のサポート
    個々のクライアント企業の経営者や新製品・サービスの開発担当者に対する、「(1)新製品、新技術、新サービス、
  および新規事業のアイデア開発」→「(2)アイデアの選定とコンセプトの決定」→「(3)新製品・新サービスの具体化」
  →「(4)発売」までの、一貫したサポート。(但し、(3)と(4)は当社の専門分野ではないので、各々の分野の専門家や
  商工会議所等の公的支援機関と連携してのサポート。)


  (1)サポートの形態
       クライアント企業(以下、「御社」)のニーズと状況に応じて、定期的な訪問や研修会等を通じてアイデア
      開発をサポートします。
       
  (2)サポートの内容

    ① アイデア開発の段階

       ・ 当社からのヒアリング
           当社より、「これ迄の新製品・新サービスの開発への取組み状況」、「現在の課題・ニーズ」、「今
         後の開発計画・体制」、「新製品・新サービスの開発に活かす自社の強み」等について、ヒアリングさ
         せて頂きます。
                           
       ・ 手法の説明
           当社より、アイデア開発に関連する様々な知識、「当社のアイデア開発法の全体像」、「お勧めす
         る手法(複数)」等について、ご説明します。
                        
       ・ 手法等の選択
           御社にて、もっと詳しく知りたい知識と実際に活用したい手法を選択頂きます。
                        
       ・ アイデアの開発
           当社のコーチングに沿って、御社にて[注]、選択した手法毎に、当社にて用意した「ワークシー
          ト」を活用して、できるだけ沢山(数十~数百)のアイデアを発想頂きます。
               [注] アイデアを開発・発想する主体は御社であり、当社ではありません。当社はその
                   方法をコーチングさせて頂くサポート役であり、何らかの結果や成果を保証する
                   ものではありません。また、当社によるサポートの結果や成果について、一切責
                   任を負いかねます。
                        
       ・ アイデアの選定とコンセプトの決定
           御社にて、発想した全ての原アイデアを評価して、優れたアイデアに絞り込んで頂きます。その際
          の主なポイントは、「市場へのインパクト・効果」、「新規性・進歩性」、「実現可能性」、「市場性・
          採算性」の四つです。
           次に、残った最終アイデアの一部については、コンセプトに落とし込んだ上で、見込客を交えて、
          あるいはテスト・マーケティングを踏まえて、評価・選定頂きます。そして、選定したコンセプトを、
          次の段階で販売に向けて具体化します。他の最終アイデアは、将来に備えてストックしておきましょう。
                        
       ・ 事業計画(経営革新計画)の策定
           中小企業の場合、必須という訳ではありませんが、選定したコンセプトを具体化するための「経営
         革新計画」を策定することをお勧めします。同計画は、今後の進め方の道標になる他、公的機関から
         様々な施策・補助金等を受けるための基礎となるからです。
                        
    ② アイデアの具体化の段階
         この段階では、上記を経て開発した新製品・サービスのアイデアを具体化して、発売を目指します。具体
       的には、「コンセプトに基づく原理試作」⇒「基本設計(機能・デザイン)」⇒「詳細設計」⇒「最終試作」
       ⇒「生産設計」⇒「販路開拓・広告宣伝」⇒「発売・提供開始」から構成されます。
        なお、上述の通り、この段階は当社の専門分野ではありませんので、他の専門家や公的な支援機関と連携
       としつつ、可能な限りサポートさせて頂きます。


3.セミナー等を通じてのサポート
  (1)新製品・新サービス等のアイデア開発に関するセミナー・研修会を開催します。  
  (2)国・地方自治体の諸機関・団体、商工会議所・商工会、企業組合・同連合会、金融機関、一般企業・団体等が
      開催するセミナー・研修会へ、当社の代表取締役を講師として派遣します。(派遣実績につきましては、トップペー
      ジの「トピックス」をご参照ください。)

                         【企業向けのセミナー・研修会】

      

  (3)セミナー・研修会の具体的なテーマ(例)                             
                                                  * 時間の表示がない場合は、2時間

 対 象  テーマの分類           具 体 的 な テ ー マ
 企業 汎用的なテーマ
○ 新製品のアイデア開発実践道場  (2日間~5日間)
○ 新製品開発戦略入門  (2時間~1日間)
○ 独自の新製品の開発による市場創造セミナー  (4時間~6時間)
     - 「取引先の深耕開拓」と「新規取引先・新市場の開拓」に向けて -
○ 売上アップのための新製品・新サービスのアイデア開発法
     - 沢山のアイデアを簡単に発想する方法をお教えします。 -
○ 新しいサービスを提供して商売繁盛!
  個別のテーマ
○ 【事業承継セミナー】 二代目、三代目の経営者の皆さん、会社の生き残りと発展の要(か
  なめ)は、新製品・新サービスの開発とその販路開拓! 
○ 【地域活性化セミナー】 ○○の地域資源を活かした新製品・新サービスを開発して、売
  上を大幅アップ! 
○ 【街おこしセミナー】 商店街とお店の繁栄は新商品・新サービスの提供から!
     - 沢山のアイデアを簡単に発想する方法をお教えします。-    
○ 【営業力強化セミナー】  顧客ニーズをガッチリ把握して、営業力と売上を大幅アップ!
     - 「取引先の深耕開拓」と「新規市場の開拓」に向けて -
○ 【下請け脱却セミナー】 親会社への依存体質から抜け出す第一歩は、独自の新製品の発
   想から!
     - 「取引先の深耕開拓」と「新たな市場の開拓」に向けて - 
○ 今後の最大のマーケット・高齢者市場の開拓の極意  (4~6時間)
     - 高齢者に喜んでもらえる商品、サービス、住宅設備の開発 -  
○ 高齢者向けの安全・安心な住宅・住宅設備等を提供して、我が国最大の高齢者市場をガッチ
  リ開拓 !
○ インターネットの最新動向と中小企業にとっての活用策 
      - IoT新製品・新サービス開発資金調達、販路開拓 -
○ IoT自社の技術を活用して、社会が必要としている福祉用具を開発しよう! 
○ ヒット商品を参考とする新商品のアイデア開発法をお教えします!  
 個人 汎用的なテーマ ○ 面白いグッズとサービスを楽しく発想する方法
     - より創造的で充実した毎日の生活を目指して -
○ 面白いアイデア・グッズサービスを発想して、脳を活性化!

 

4.新製品・新サービス等のアイデア開発法に関する書籍の出版
   「企業概要」でもご紹介しておりますが、2014年11月、当社の代表取締役が長年にわたって取り組んで参りました
  研究の成果を、一般社団法人発明推進協会より「中小企業のための新製品・サービス開発の極意」という書籍にて拙版
  しました。   
   当社は、今後とも新製品・新サービス等のアイデア開発に関する研究をなお一層深め、その成果を書籍にて適宜出版
  しつつ、社会のお役にたって参りたいと考えております。

 

Ⅱ.アイデア開発における留意事項と当社のアイデア開発法の特徴

1.アイデア開発における留意事項
     新製品・新サービスのアイデアを開発する際には、「広い視点から、地道な努力の積み重ねで、できるだけ沢山の
   アイデアを発想」することが重要です。

  (1)広い視点から     
       言うまでもありませんが、視点が狭かったり、偏ったり、漏れたりすると、発想できるアイデアの数が自ず
     と少なくなりますし、なによりも有望なアイデアをつかみ損ねることにもなります。

  (2)地道な努力の積み重ね     
      「研究」について、実験室で何百、何千回の実験を繰り返して、遂に優れた発見、発明ができたという話をよく
     聞きます。アイデアの発想も同じ「研究」です。(次いで、アイデアを具体的な製品として具体化するのが「開発」
     です。)
       当然のことですが、優れたアイデアは簡単には発想できません。優れたアイデアを得るには、場所は実験室と
     は異なりますが、たとえば何週間、何カ月間に亘って、ひたすら、地道に、発想力を振り絞って、しかし、出来る
     だけ体系的・効率的に、発想することが求められます。

  (3)できるだけ沢山まずは質よりも数     
       多くの方が経験されていると思いますが、新製品・新サービスのアイデアを思い付いても、様々な検討・スク
     リーニングを経て最終的に残り、製品化・サービス化に至るケースは殆どありません。アイデアの歩留まりは、
     非常に低いというのが現実です。また、毎年とは言いませんが、計画的・継続的に新製品・新サービスを市場へ
     提供するために、予備のアイデアをストックしておくことも必要です。更には、少ないアイデアしか得られない
     場合は、事前に決まっている発売計画や他社との競合上やむなく、完全には自信を持てないアイデアを見切り発車
     で製品化・サービス化して発売し、結局失敗に終わるということにもなりかねません。      
       従って、大元のアイデアは、まずは質よりも数が重要であり、可能な限り沢山の数(少なくとも数十、数百)
      を開発・発想することが肝要です。   

2.当社のアイデア開発法の特徴
     当社のアイデア開発法の特徴は、上記の留意事項に関連しての、以下の四つの点です。
     これらの特徴により、特に新製品・新サービスのアイデアを開発する方法が分からずに困っている企業および より
   広い視点からもっと沢山のアイデアを得たいと思っている企業にとって、大変有益です。

  (1) 消費財ばかりではなく、生産財とサービスも対象にして、下図の通り体系的に構築しています。
  
  (2) 上述の「アイデアの数の多さと視点の広さが重要」という要件に十分に応えられます。
        即ち、下図の通り多数の手法(⇔ 視点=引出し)を取り揃えており、それらの中から各々の企業にとって
      最適な手法(注)を選んでアイデアを開発します。
           (注)新製品・新サービスの開発を目指す方向としては、自社の強みを活かすことができる以下の
              四つの分野がお勧めであり、その中のどの方向を目指すかによって活用する手法が異なりま
              す。(言うまでもありませんが、自社の強みを活かせない不慣れな分野での新製品・新サー
              ビスの開発は、大きなリスクを伴います。)
              ・ 現在作っている得意な製品を活かせる分野
              ・ 現在活用している得意な技術を活かせる分野
              ・ 現在加工で利用している得意な原材料を活かせる分野
              ・ 現在提供している得意なサービスを活かせる分野

  (3) 各々の手法を活用して実際に発想する場面では、その切り口と手順を「見える化」した独自のワークシート
       活用しますので、(本来は頭の中での漠然とした抽象的な)発想の作業を、具体的な手順に沿って明瞭に、つ
       まり簡単に進めることができます。
  
  (4) 以上の通り、当社のアイデア開発法は、体系的に、(大部分が当社独自の手法であります多数の手法を活用して)
      広範囲で多角的な視点から、(発想の手順を「見える化」した当社独自のワークシートに沿って)簡単に、そして
      楽しく多数のアイデアを開発できることを、最大の特徴としております。。