事業概要

Ⅰ.事業の種類  

  当社は、「新製品・新サービスのアイデア発想」をコアの事業領域として、以下のような事業を行います。

1.新製品・新サービスのアイデア発想法の研究

  (1) 当社は、短期・中期的には、企業にとっての利便性の観点から次のような特性を備えた「アイデア発想法」
      の考案(=新たな方法・手法の考案)と深堀り(=既存の方法・手法の深堀り)を目指して、日々研究に
      励んで参ります。
       ○ 特に中堅・中小企業が、少ない負荷で、簡単・効率的に、多数のアイデアを発想できること
       ○ 企業が業種・業態や製品・技術・サービス等の枠を超えて、普遍的に活用できること
       ○ 個人が、趣味としての新商品・新サービスのアイデア発想法を楽しく学べること
  (2) 長期的には、アイデアの発想にありがちな曖昧さや抽象性をできるだけ排除して、他に類を見ない、言わば
       合理的・科学的なアイデア発想法を探求して参ります。
  (3) なお、当社のアイデア発想法は独自に考案したもので、様々な点で従来のアイデア発想法とは異なっており
       ます。詳しくは、下記の「Ⅱ.アイデアの発想における留意事項と当社のアイデア発想法」をご参照ください。
  
2.企業(特に中堅・中小企業)への経営サポート

  (1) 対象企業
        以下のような課題あるいは問題を抱えておられる企業に対して、コンサルティングと社員研修を通じて、
      親身にそして全力でサポートさせて頂きます。

                  【発想そのものに関連する課題・問題】
      ・ 主力商品を広く深く展開したり、販売不振の商品のテコ入れ・ 改良に向けて、どのようにアイデアを
        発想するのか、実践的な方法を知りたい。    
      ・ 新しい画期的な製品や技術を思い付けず、困っている。
      ・ より広い視点やこれ迄とは異なる新たな視点から、もっと沢山のアイデアを得たい。       
      ・ 得意な技術や素材があるが、それを活かしてどんな新製品を作ったらよいか分からない。
      ・ 新たな事業展開を図って行くため、どんな新規事業に可能性があるかを探りたい。                                             
                   【従業員や組織に関連する課題・問題】       
       ・ 発想に行き詰っている企画・開発担当者の想像力を、新しい視点の導入によって活性化したい。     
       ・ 当社では、社員提案制度を以前から実施しているが、最近不調。従業員が、新製品のアイデアをもっと
         積極的に、たくさん提案してくれるようにしたい。
       ・ 組織の雰囲気が沈滞。新製品や新規事業を思い描くことによって、従業員に夢をもって欲しい。

  (2)サポートの範囲
       サポートの範囲は、下図の「アイデアの発想」の段階です。
       その後の「アイデアの具体化」から「発売」までの段階については、必要に応じて、外部の専門家や公的
     機関と連携してサポートします。

(3) サポートのフロー
     ① 初回訪問時 
       ◇ (ご挨拶と当社の自己紹介の後、)新製品・新サービスのアイデアの発想面での「困りごと」
         の有無、そして、有りの場合は、その解決・緩和に向けて当社が今後お役に立てる可能性が
         あるかどうかについて、教えて頂ければ幸いです。

                     少しでも可能性がある場合    

       ◇ 現状と今後の対応についてのヒアリング 
          以下の項目について、可能な範囲で構いませんので、ヒアリングさせて頂きます。
         ・ 会社の概要、強みあるいは得意とする製品・技術・サービス
         ・ 製品・サービス開発とアイデア発想についての、従来の取組み方法と問題点・課題
         ・ 今後の開発計画(ターゲット分野・市場、体制、スケジュール、予算、等)

                      2回目の訪問をご了承頂いた場合  

      2回目のご訪問時    
        ◇ ご説明とご案内 - 40分程度のプレゼンテーション
         ・ 当社のアイデア発想法の概要のご説明
         ・ 今後のサポートの進め方(案)のご提案
        ◇ 今後の進め方についてのご相談                     
          (上記について一通りご理解頂いた上で、)当社からのサポートをご希望される場合
         サポートの具体的な進め方についてご相談させて頂きます。併せて、顧問契約書(案)をご
         提示致します。
         ・ サポートの方法
         ・ 活用する手法
         ・ スケジュール、等  
         
                    2回目の訪問後、電話やメールにて顧問契約の内容についてご相談
        ◇ 顧問契約書の締結
         
                     顧問契約の締結後  
      
      ③ 3回目以降のご訪問時 -アイデア発想会議- [有料]
         毎月1回程度、アイデア発想会議を開催します。同会議は、「(活用する)手法の説明 」→
        「一般的な事例での演習」→「自社のための発想」のプロセスで構成されます。
         なお、その成果として期待できるのは、次の通りです。
       ◇ 新製品(例えば、主力製品のバリエーションや発展形、テコ入れしたい製品の改良版、進出
         を狙う新分野の製品、等)のアイデアを、沢山得ることができると思われます。(注)
       ◇ 御社には、当社のアイデア発想法とその詳しいノウハウを習得して頂き、今後の活発な製品
         開発につなげて頂けます
       ◇ その他 : 組織の活性化、製品開発担当者の育成やモラルアップ、

             (注)アイデアは、当社が発想するのではありません。(当社のコーチングに沿って)
                レーヤーである参加者ご自身で発想頂きます。また、当社は、当社のサポート
                について何ら結果や成果をお約束・保証するものではありません。これらの点、
                前もって宜しくご了解願います。

          なお、ご要望があれば、アイデアを評価して最終的に絞り込み、更に、コンセプトに落とし
        込んだ上で評価・選定するプロセスについても、サポートさせて頂きます。


3.新製品・新サービスのアイデア発想に関するセミナー・研修会・講習会関連

  (1)新製品・新サービス等のアイデア発想に関するセミナー・研修会を開催します。  

  (2)国・地方自治体の諸機関・団体、商工会議所・商工会、企業組合・同連合会、金融機関、一般企業・団体等が
      開催するセミナー・研修会へ、当社の代表取締役を講師として派遣します。(派遣実績につきましては、トップ
      ペー ジの「トピックス」をご参照ください。)

                         【企業向けのセミナー・研修会】

      

  (3)セミナー・研修会の具体的なテーマ(例)                             
                                             * 時間の表示がない場合は、2時間

 対 象  テーマの分類           具 体 的 な テ ー マ
 企業 汎用的なテーマ
○ 新製品のアイデア発想実践道場  (2日間~5日間)
○ 新製品開発戦略入門  (2時間~1日間)
○ 独自の新製品の開発による市場創造セミナー  (4時間~6時間)
  - 「取引先の深耕開拓」と「新規取引先・新市場の開拓」に向けて -
○ 売上アップのための新製品・新サービスのアイデア発想法
  - 沢山のアイデアを簡単に発想する方法をお教えします。 -
○ 新しいサービスを提供して商売繁盛!
  個別のテーマ
○ 【事業承継セミナー】 二代目、三代目の経営者の皆さん、会社の生き残りと発展
  の要(かなめ)は、新製品・新サービスの開発とその販路開拓! 
○ 【地域活性化セミナー】 ○○の地域資源を活かした新製品・新サービスを開発し
  て、売上を大幅アップ! 
○ 【街おこしセミナー】 商店街とお店の繁栄は新商品・新サービスの提供から!
  - 沢山のアイデアを簡単に発想する方法をお教えします。-    
○ 【営業力強化セミナー】  顧客ニーズをガッチリ把握して、営業力と売上を大幅
  アップ!  - 「取引先の深耕開拓」と「新規市場の開拓」に向けて -
○ 【下請け脱却セミナー】 親会社への依存体質から抜け出す第一歩は、独自の新製品
  の発想から!  - 「取引先の深耕開拓」と「新たな市場の開拓」に向けて - 
○ 今後の最大のマーケット・高齢者市場の開拓の極意  (4~6時間)
  - 高齢者に喜んでもらえる商品、サービス、住宅設備の開発 -  
○ 高齢者向けの安全・安心な住宅・住宅設備等を提供して、我が国最大の高齢者市場
  をガッチリ開拓 !
○ インターネットの最新動向と中小企業にとっての活用策 
   - IoT新製品・新サービス開発資金調達、販路開拓 -
○ IoT自社の技術を活用して、社会が必要としている福祉用具を開発しよう! 
○ ヒット商品を参考とする新商品のアイデア開発法をお教えします!  
 個人 汎用的なテーマ ○ 面白いグッズとサービスを楽しく発想する方法
  - より創造的で充実した毎日の生活を目指して -
○ 面白いアイデア・グッズサービスを発想して、脳を活性化!

 

4.新製品・新サービス等のアイデア発想法に関する書籍の出版
   「企業概要」でもご紹介しておりますが、2014年11月、当社の代表取締役が長年にわたって取り組んで参りました
  研究の成果を、一般社団法人発明推進協会より「中小企業のための新製品・サービス開発の極意」という書籍にて拙版
  しました。   
   当社は、今後とも新製品・新サービス等のアイデアの発想に関する研究をなお一層深め、その成果を書籍にて適宜出版
  しつつ、社会のお役にたって参りたいと考えております。

 

Ⅱ.アイデアの発想における留意事項と当社のアイデア発想法

1.アイデアの発想における留意事項
     新製品・新サービスのアイデアを発想する際には、「広い視点から、地道な努力の積み重ねで、できるだけ沢山の
   アイデアを発想」することが重要です。

  (1)広い視点から     
       言うまでもありませんが、視点が狭かったり、偏ったり、漏れたりすると、発想できるアイデアの数が自ずと
     少なくなりますし、なによりも有望なアイデアをつかみ損ねることにもなります。

   (2)地道な努力の積み重ね     
        実験室で何百、何千回の実験を繰り返して、遂に優れた発見をした、いう話を聞きます。
        アイデアの発想も同様です。当然のことですが、優れたアイデアは簡単には発想できません。優れたアイデア
       を得るには、たとえば何週間、何カ月間に亘って、ひたすら、地道に、発想力を振り絞って、しかし、出来るだけ
       体系的・効率的に、発想することが求められます。

  (3)できるだけ沢山の (まずは質よりも数) 
        多くの方が経験されていると思いますが、新製品・新サービスのアイデアを思い付いても、様々な検討・スク
      リーニングを経て最終的に残り、製品化・サービス化に至るケースは殆どありません。アイデアの歩留まりは、
      非常に低いというのが現実です。また、毎年とは言いませんが、計画的・継続的に新製品・新サービスを市場へ
      提供するにも、予備のアイデアをストックしておくことが必要です。更には、少ないアイデアしか得られない場合
      は、事前に決まっている発売計画や他社との競合上やむなく、完全には自信を持てないアイデアを見切り発車で製
      品化・サービス化して発売し、結局失敗に終わるということにもなりかねません。 
       従って、大元のアイデアは、まずは質よりも数が重要であり、可能な限り沢山の数(少なくとも数十、数百)を
      発想することが肝要です。   

2.当社のアイデア発想法と特徴

  (1)当社のアイデア発想法(=『大竹式アイデア発想法』)の体系
    
     ① 基本的な構造
         基本的な構造は下図の通りです。アイデア発想アプローチ(下図の横軸)と新製品・新サービス開発アプロー
        チ(下図の横軸)の組み合わせで発想します。
        ○ アイデア発想アプローチ ・・・ 「顧客ニーズ」、「自社のシーズ」、「他社のシーズ」の各々をヒントと
                          してアイデアを発想する、三つのアプローチがあります。
        ○ 製品・サービス活用アプローチ ・・・ アイデアを発想するため、自社または他社の製品やサービスを活用
                             するアプローチ。「用途開発」、「改良」、「変更」の三つが代表
                             的です。
     ② 手法
          手法とは、発想の具体的な方法であり、アイデア出しの視点、ポケット、引出しとも言えます。
          上記の二つのアプローチが交差する領域毎に、消費財、生産財、サービスの各々について、手法を活用して、
        アイデアを具体的に発想します。
         例えば消費財については、顧客ニーズをヒントとする場合は17、自社のシーズをヒントにする場合は37、他社
        のシーズをヒントにする場合は15、計69(注1)の手法を現時点(注2)では準備しております。これらの中
        から、各企業の狙いや状況に沿った手法を選択し組み合わせて、アイデアを発想します。(注3)
              (注1)これらの手法には、例えば「オズボーンのチェックリスト」、「欠点克服、理想実現、逆
                   転発想」、「ポジショニング」、「クロスSWOT」といった長年に亘って広く活用され
                   ている優れた発想技巧を拝借したものも幾つか含まれますが、大部分は当社オリジナルの
                   手法です。
                    なお、有名な「ブレインストーミング」、「ロジックツリー」、「マインドマップ」は、
                   発想の過程でツールとしては活用しますが、69の手法の中には含まれません。
              (注2)当社とし ましては今後も新たな手法を追求・考案し続けますので、手法の数は、時と共に
                   増えていきます。
              (注3)個々の手法は、複数あるいは多数の「切り口」から構成されており、一つ一つの「切り口
                   毎に突き合わせてアイデアを発想します。例えば、上掲の「オズボーンオのチェックリスト」
                   という手法では、80近くの「切り口」から発想します。
                    従いまして、「一つの手法から一つのアイデア」ではなく、「一つの手法から複数また
                   は多数のアイデア」が生まれることになります。

 
 (2)主な特徴

       当社のアイデア発想法の主な特徴は次の通りであり、上記の留意事項を満たしております。    

     ① 消費財ばかりではなく、生産財とサービスも対象に、上図の通り体系的に構築しています。    
                    
     ② 上述の「アイデアの数の多さと視点の広さが重要」という要件に十分に応えられます。

     ③  各々の手法を活用して実際に発想する場面では、その切り口と手順を「見える化」した独自のワークシート
       を活用しますので、(本来は頭の中での漠然とした抽象的な)発想の作業を、具体的な手順に沿って明瞭に、
       つまり簡単に進めることができます。    
   
    ④ 最大の特徴
        当社のアイデア発想法は、体系的に、(周知の優れた発想技法を拝借したものも一部含まれますが、 大部分
      が当社オリジナルの多種多様な手法を駆使して)広範囲多角的な視点から、(発想の手順を「見える化」した
      当社独自のワークシートに沿って、誰でも)簡単で効率的に楽しく多数のアイデアを 発想できることが、
      最大の特徴です。